目移りの激しい世界を前に混乱している友人へ

目次

始めるのを躊躇してしまう

(English follows Japanese)

先日ある友人と話したときに、その人が少し悩みを抱えていて、始めたいことがあるけれどもライバルも情報も多く混乱し、実際にどう始めていいか分からないと言ってました。少し気持ちが分かるなと思いましたし、確かにそんな風に思わせる世の中です。

昔は沢山準備が必要だったことでもすぐに始められるようになった反面、成功のノウハウが氾濫し過ぎたせいで、却って行動を鈍らせる面もあるのかなと思います。

僕は20年前に写真をやると決めてから、とりあえず現在まではそれに集中しています。紆余曲折を経て、シゴトにもなり、作品を見せる機会が生まれ、このブログを書くなどの派生行為も行っています。

このように活動めいたことを他人がしているのを見たとき、自分には始められないと思ってしまう人は、活動をしている人がどれだけ無駄と虚しさを抱えているかということも少し想像すべきだと思います。

基本的にやることの殆どのことに対し世間の反応はありません。いつやめてもいいことを1人で続けているだけというのが実情なんです(この文章もね)

何から始めていいか分からない、始めるのを躊躇するという人が誤解をしているのは、最初から人との繋がり、反応のイメージを無意識に求めているのではないでしょうか。仕事になるかもしれない、すごい人に会えるかもしれない、将来に繋がるかもしれないと。そういう想像を無意識にするうちに「うまくやりたい」という欲も出てくるのではないかと。

しかしそのような素晴らしいことの多くは、実際に頻繁には起こらないのです。やることに対する対価というのは、基本的に割の合わないものだということ。というより、何かを始めるに当たって将来の想像すらそんなに必要ないのではないかと思うのです。

自分の理解者はだれか

何かを始めたいけど迷っているという場合に僕が一番よいと思うのは、やはり感情に訴えかけることをやるのがいいのではないかと思います。しかしここも誤解して欲しくないのは、感情というのは人の感情ではなく、自分の感情だということなんです。多くケースで、この辺りがズレるんじゃないかと想像します。「人の感情に訴えかけることをやりたい」というふうに。

自分自信を例に喩えて恐縮ですが、僕は人からリアクションを得ようと作品を作っている訳ではないんです。もちろん作家の立場として反応を欲っする面があるのは認めます。しかしそのことと、自分が何かをするかしないかは本質的には関係がないことなんです。

何年も取り組んだ作品の個展のオープニングに3人しか現れず、反応が殆どないなどということも現実には起きるんです。だからって、それが理由で止めようとも思いません。それは結構虚しい体験ですが、こんなに色々なものが氾濫する世の中にあって、絶対見るべきものなどありませんし、自分のやることにいつも大きなリアクションを期待することが、そもそも見当違いなのだと思います。

集中すべきは、取り組む内容にどれだけ自己投入をできるかということなんです。自分の感情に訴えかけるということです。ちょっと悲しいことですけど「自分の理解者は自分だけ」 ということを思い起こす必要があると思います。今の時代には馴染まない真理かもしれないけど、どんな人も根本的にはそうではないでしょうか。

このことを誤解し、周囲に過度の期待を始めたり、何度か調子のいい結果が重なったりするとき、最終的に”自分”という最大の理解者を失うこととなります。周りの反応や結果が下降線になると、日々の自分の取り組みまで疑いだすということにつながります。僕らアーティストの場合で言えば、人が見ないのに作品をつくってどうなるのか、他にもアーティストがいるのに意味あるのか、などと考え出すわけです。

僕は少しづつですが、色々な人から声をかけて頂けるようになりました。しかしこれも、裏腹として常に虚しいことが沢山あるんです。大きな会場で展示をしても、外国に呼ばれても、順風満帆なことはありません。キャパが大きくなれば外見上の成功のハードルも上がります。結果へのダメージも大きくなるんです。恥をかくようなこともしばしば経験することになります。アートやエンタメに限らず、人のやることは何もかも飽和しているので、ひとつ何かやったところで、やる側のエネルギーに匹敵する見返りを得ることは困難です。

だから本当に大切にすべきは、取り組んでいる時間、考える時間、撮る時間、一人で何かを行う時間なんです。これがしっかりできていれば、まずは自分は合格なんだということを自らに知らせてあげることがまず小さな成功です。人のリアクションは天気のようなものだから。

以前、ニューヨークのシンガーが言っていました。収容200人のライブハウスでお客が5人でも、シンガーは自分の歌を唄へばよいと。まず唄うことにレスペクトを払へと。いつの日か大きなことが起きるかもしれませんし、そうならないかもしれません。でも5人に唄うことも、華々しいステージも、底辺の部分は同じだということを知らなくてはいけない。自分がまず歌そのものになれたのか。

このことを分かっていれば、新しく何かを始めることもカラクリはとても単純なことなんだと思えないでしょうか。

When I spoke with a friend the other day, he was having a bit of trouble. He said that he wanted to start something, but there were so many competitors and so much information that he was confused and didn’t know how to actually get started. I thought I could understand how he felt a little, and the world certainly makes me feel that way.

On the one hand, we can now start doing things that used to require a lot of preparation, but on the other hand, I think that the overabundance of know-how on how to succeed may be slowing down our actions.

I decided to take up photography 20 years ago and have concentrated on it ever since. Through twists and turns, it has become a career, and I have had opportunities to show my work, as well as to do derivative activities such as writing this blog.

If you see others doing this kind of activity and think that you can’t start, you should also imagine how much waste and emptiness they have to deal with.

Basically, there is no public reaction to most of what we do. The fact of the matter is that you’re just continuing to do things alone that you could stop doing at any time.

I imagine that the misconception of people who don’t know where to start or are hesitant to start is that they are unconsciously looking for an image of connection and reaction from the beginning. That it might be a job, that they might meet an amazing person, that it might lead to a future. As we unconsciously imagine these things, we may also have a desire to “do it well.

But many of those great things don’t actually happen often. I think we should also imagine that the price for doing something is basically not worth it. In fact, I don’t think it’s even necessary to imagine the future when you start something.

If you want to start something but are not sure what to do, I think the best thing to do is to do something that appeals to your emotions. However, what I don’t want you to misunderstand is that emotions are not about other people’s emotions, but about your own emotions. I imagine that in many cases, this is not the case. I imagine that in many cases, this is where the misalignment occurs, as in, “I want to do something that appeals to other people’s emotions”.

I am sorry to use myself as an example, but I am not creating my works in order to get reactions from people. Of course, as an artist, I admit that I want reactions. However, this has nothing to do with whether or not I do something.

In reality, it happens that only three people show up to the opening of a solo exhibition of a work that you have been working on for years, and there is almost no response. But that doesn’t mean I’m going to stop doing it. It is a pretty empty experience, but in a world that is flooded with so many different things, there is no such thing as an absolute must-see, and I think it is a mistake to always expect a big reaction to what you do.

What we need to think about is how much we can put into what we do. It means appealing to your emotions. It is a bit sad, but I think we need to remember that “the only person who understands you is you. This is fundamentally true for any person.

When we misunderstand this and start expecting too much from those around us, or when we have several good results, we eventually lose the one person who understands us best: ourselves. When the reactions and results of those around us go downhill, we begin to doubt our daily efforts. In the case of us artists, we begin to wonder what will happen if we create artwork that people don’t see.

Little by little, I have been approached by various people. However, this, too, has always been a source of frustration for me. Whether it is exhibiting at a large venue or being invited to a foreign country, it is rarely smooth sailing. The bigger the capacity, the higher the hurdle to success on the outside. The damage to our results is greater, too. You will often experience embarrassment. Not only in art and entertainment, but everything people do is saturated, so it is difficult to do one thing and get a return comparable to the energy of the doer.

So what we should really value is the time we spend working on it, thinking about it, taking photos, and doing something alone. If this is done well, the first small success is to first let yourself know that you have passed the test. People’s reactions are like the weather.

A New York singer once told me, “Even if there are only five people in a 200-person capacity venue, a singer should just sing his or her own songs“.

First of all, we should pay maximum respect to singing. Someday something big may happen, or it may not. But we have to know that singing in front of five people or on a spectacular stage is the same at the bottom. Have we become the song itself first?

If you know this, don’t you think that starting something new is also very simple.

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

シェアください
目次